2013年3月25日月曜日

それはおそらく



3/20の「春が来た」コンサート


3/23のかめ七マンスリーライブ


3/24はあるライブにて、
Dozen Notesの相方・齋藤めぐむのゲスト出演を見て、

いろいろと感じるものがあった。

それはおそらく、
「方向性」「独自性」というやつで、

それはおそらく、
あと半年はかかるだろうと。



無い部分を吸収し、
まるで自分のものとするまでには
時間が必要だ。


しかも、
「やってみました」という
へりくだった物言いではなく、

好奇心や探究心、
「観客よりも、まず自分」という意志力が
どうしたって必要になる。


同時に、それは葛藤との勝負だ。
覚悟と言ってもいい。

だけど、それらを全て乗り越えたら、
僕自身も、Dozen Notes も、
「ものすごい音楽」をしてるだろう。


乞う、ご期待。

0 件のコメント:

コメントを投稿