2014年5月24日土曜日

3回目のオルガンコンサート



僕にとっては3回目のおおまちオルガンコンサート。

上からの風景や演奏スペースにも慣れてきました。


自分で言うのも変ですが、

高い音を吹いてる時の心地よさは、大ホール以上です。

気持ち良過ぎてテンポが遅くなるのが怖いですけど^^;


逆に低音がモヤモヤしてないか気になります。

オルガンは大音量と言うのもあって、意外と音が早い。

しかも鍵盤という特性もあって、音の移動がパキパキしてる。

特に足鍵盤。

太さと柔らかさとスピード感、三拍子そろった良い低音。

そんな音を自分のクラでも出して賛美歌とかやったら、

すごく神々しくて美しいだろうなと思ってます。


課題とは別の探究心が湧いてきてます。


0 件のコメント:

コメントを投稿