2014年7月15日火曜日

7月カフェノテ


7月15日

Dozen Notes マンスリーライブ ”cafe Note”


新曲はいつでも緊張する。

それがオリジナルだろうとアレンジだろうと変わらない。

その曲を通じて「新しい音」に挑戦することは、

とても楽しくて有意義だし、

音楽を続けていて、DNをやっていて良かったと思える瞬間だ。



お世話になっているシンガポールナイトに、

なんとアップライトが入った。

まだ調律の狂ったままの、ある意味ナチュラルな音。

今回はこの「自然体」のピアノを使って、即興をやった。

僕は本当に無我夢中なんだけど、めぐむ君・お客さんに助けられて、

今の自分の精一杯を紡いでいくことができた。


本当は、即興がとても怖い。

だけど、1つでも自分の中身を音にした時、2人でフォーカスが合った時、

楽譜の音楽では感じ得ない心地よさがある。


本当に、即興は僕にとって怖い。

だけど、頑張るんじゃなく、やっていけそうな気もしてる。




0 件のコメント:

コメントを投稿