2014年7月12日土曜日

台風一過




大型台風のかすめた金曜日。


運が良かったといえば、影響のあった地域に失礼かもしれない。

でも、それ以外に言葉がないのだ。


人は自然の脅威から逃れられない。

もしそれが可能な日が来れば、何かを失っているんだと思う。


例えば、命の尊さや一生の儚さは、「壊れた」ものを見た時に気づくものだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿